イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)


2009年秋に開催予定の「TOKYO BOOK FAIR 2009」のプレ・イベントとして「第3回ジンスタ・ギャザリング」を開催します。

・ジンをもって集合! トレード、販売、配布。
・その場でジンを作ってみる!
・「TOKYO BOOK FAIR 2009」の計画を練る!
・国内オルタナティブ・スポット・ガイドの原稿募集。

日時 * 8月8日(土) 13時〜
会場 * Cafe★Lavanderia

入場無料(ただし、ワンドリンク・オーダーお願いします)

問 * Irregular Rhythm Asylum: irregular@sanpal.co.jp | 03-3352-6916
   Lilmag: info@lilmag.org


Lilmagでの案内も見てください。→こちら

アフター・パーティーあり。詳しくは下の投稿を↓。

-
SUBSCRIBE


ブルックリンのストリート・アーティストSWOONは、廃品によって作られた「いかだ」で、スロベニアからイタリアのヴェニスまでアドリア海を一ヶ月かけて旅するプロジェクト「Swimming Cities of Serenissima」を成功させた。そのとてもジャンクで出来ているとは信じ難い、手の込んだ装飾が施された、夢のような空間で暮らしていた乗組員のうちの4人が来日するので、かれらを囲んでパーティーします。写真家Tod Seelieによる「Swimming Cities of Serenissima」の写真展とDJ DirtyfingerのDJプレイを楽しみながら、DIY海賊になる、あるいは水上自治区を建設する夢を一緒に膨らましましょう! かれらのトール・バイク(背を高く改造したチャリ)にも乗れるかも。二木信もDJします。

日時 * 8月8日(土) 19時〜
会場 * Cafe★Lavanderia

入場無料(ただし、ワンドリンク・オーダーお願いします。)
彼らのトール・バイクの旅をサポートするための投げ銭よろしく!

-
SUBSCRIBE


Don't Kill Live @Shinjuku
Swing MASA (Sax)

僕たちが彼女の演奏する『明けの星を見上げて』を聞くとき、直ちにそれが東アジア反日武装戦線の大道寺将司への恋歌であることがわかる。
だがそれにしても聞く側の僕たちは、一種の戸惑いと困惑を覚えざるを得ない。
何故か。もうずいぶんと昔に彼ら反日武装戦線を支援する大集会に颯爽と登場した彼女が、長い旅路の果てになお「殺すな」という叫びを今の時点で生々しく突きつけるからだ。
めまぐるしく変わる人生、軋轢と欲望、諦めと希望、無垢さと奸計、それらの交錯の中でやはり<音>は吐息と共に一人の人間の苦悩と狂気と清冽さをうたい、今ここにざらついた皮膚や柔らかな肌あいとともに再現するからだ。
小さな小さなミニ・ライブ、来れ!

2009.8.9 (SUN) PM3:00
三月工房+irregular+アナキズム文献センター
東京都新宿区新宿1-30-12-302
03-3352-6519 03-3352-6916
map
http://a.sanpal.co.jp/irregular/images/ira_map.jpg
Admission Free
SUBSCRIBE


先週のNU☆MANは、かなりインターナショナルで、中国、アメリカ、スウェーデン、コロンビア、ドイツからの参加者がありました。今回はいろんな人々の間で交流もはずみつつ、NUったり作ったりも盛んで、なかなかいい雰囲気の集まりとなりました。


三角にステンシルったところにMAKE ART NOT WARのプリントしたはーぴーT。


パンツの裾あげんまい。


落として割れたというスイカが差し入れられたのでそのままみんなで大胆に食った。


中国から来たアナキストのパンクの人からの贈り物Tシャツ。左は彼が昔やってたバンド400Blow、右は彼が中国の武漢でやってる社会センター。また別に、北京にいたスウェーデンのD.S. 13のメンバーらと彼がやってたバンドCriminal MindsのCDはうちで取り扱ってます。D.S. 13と同じタイプの直球ハードコアで中国語の歌詞。かなりかっこいいです。


Criminal MindsのCDと交流がはずむインターナショナルズ。


リメイク名人オークラさんの新作。発想が豊かです。


スウェーデンから来てる、姫と王子かっていうような二人。


なんだかんだ、スウェーデンの貴族たちはけっこうNUってました。パンツになんか貴族チックなクシュクシュした加工を施してました。


VEGEしょくどう」の国立出張用のバナー。


「VEGEのうえん」の旗になぜかサインをさせられるデヴィッド・グレーバー。けっきょくぐちゃぐちゃの模様みたいになった。その後は、いろんな人の「サイン」が付け加えられていった。


で、腹が減ったので、スープ!
SUBSCRIBE


すっかり忘れてた先々週のNU☆MANです。このブログでおなじみの志賀ちゃんが来て、面白い話を聞いたりしてたので、みんなあまりNUってません。


反戦スケート・ソサイエティ by かじくん。


面倒くさいということで、端っこだけ縫い付けたパッチ by のえさん。


KU☆MAN by イラリア帰りのひぐちシェフ。


NU☆MANでの悪い手本、NOMU☆MAN by しが。
SUBSCRIBE
立川反戦ビラ弾圧事件や一連の反戦反基地運動などで権力と闘う人であり、夏のお祭りでは熱いパフォーマンスで我々を感動させてくれるヒッピーソウルミュージシャンでもある「花&フェノミナン」のさっちゃんを迎えて弾き語りのソロライブがあります。
場所は下北沢の気流舍で19時スタートのドリンクオーダー+投げ銭ライブです。

ここ最近の運動と音楽の繋がりから発生した様々なデモやアフターパーティから、夏は日蝕パーティや東京なんとかフェスティバルなど注目イベントが目白押しのなかで、何かが始まる(始まっている)予感がします。
とりあえずそれを『3回目の愛の夏』と名付けるならば(笑)、その始まりの一つとしてぜひぜひ遊びにきてくださーい!

LOVE & RAGE!
ANARCHY & PEACE!

そして大切なことはたった一つ!
命と命が生きる生きる喜び!!

さっちゃんソロライブ in 気流舍
7月26日(日)
19時START
予約不要/無料(ドリンクオーダー+投げ銭歓迎)

気流舍
東京都世田谷区代沢 5-29-17 飯田ハイツ 1F
Tel / Fax : 03-3410-0024
http://www.kiryuusha.com/
SUBSCRIBE


段ボールでつくった「宮下公園」の模型をお供に、ナイキ化反対のアピールをしてベルリンの町を歩く、みさこさんとこうさん。ベルリンの町の人々は、素直に反応してくれている。どんな人もとりあえずビラは受け取る。プライドの高いなーんかすました東京の人たちみたいに、気になってるくせに、気にしてないふりとかしない。

-
SUBSCRIBE



編み物で街の景色を勝手に変えてしまう人々が急増中。
SUBSCRIBE






↑写真はTod Seelieのブログ「Sucka Pants」より

以前、このブログでも紹介したSwoonのプロジェクト「Swimming Cities of Serenissima」が終了ー。クルー(乗組員)たちはそれぞれ家に帰ったり、また別の手段で放浪を続けたりしているのでしょうが、このうちの4人(写真家のTod SeelieDJ Dirtyfingerなど)については、ただいまインドネシアで、この前フィラスティンと来日したラッパーNovaの家に滞在したり、トール・バイク(背を高く改造したチャリ)に乗ったりして遊んでいる模様。

Riding tall bikes in Jakarta from suckapants on Vimeo.


で、この4人が8月に来日する予定! あんな夢のような出来事——雑誌「VOL」3号でスティーブン・ダンコムがいうところの「倫理的スペクタクル」——を見事につくりあげた当事者たちとこんなあっさり会えることになるとは思わなかった。とりあえず、かれらを囲んでパーティーしたいと思います(8月8日予定)。詳細は追って。あと、東京か大阪で、自転車の改造ワークショップを企画できる人(英語/日本語の通訳は必要)連絡ください。

-
SUBSCRIBE

(↑写真はコペンハーゲンのソーシャル・センターFOLKETS HUSのキッチンと樋口くん)

イタリアG8報告会&マイ・ディエン(from中国)交流会のお知らせ

日時:  7月24日(金) 19:00~
会場:  高円寺素人の乱12号店エンジョイ北中ホール
http://trio4.nobody.jp/keita/shop/12/index.html
報告者: 樋口拓朗


イタリアでG8があったので、2009年6月30日から7月15日までの間、最初ベルリンに寄ってからローマに行ってきました。その報告を、二つのテーマからお話します。1時間ぐらいです。その後は、中国から来日中のマイ・ディエン(ゾウ・リンホア)さんを迎えて交流したいと思います。


【テーマ1】2009イタリア反G8報告―アフィニティグループの経験から―

イタリア反G8運動にアフィニティグループを作って参加することはどのような経験だったのか、一つの実例からお話しします。この問題設定がどうして重要なのかというと、アフィニティグループこそが90年代後半以降の反グローバリズム運動の質を決定的に特徴付けているものだから、加えて、今回のイタリア反G8運動がアフィニティグループ単位の参加をあまり歓迎しない運動だったからです。そこに今回の運動の小規模性の主要因もありました。国外参加者からなるアフィニティグループの一員という立場から見えたイタリア反G8運動を報告します。

鍵語:サミットホッピング、洞爺湖インターナショナルズ、キャンプ&インフォセンターの不設置、ジェノアトラウマ、暴力、シアトルから10年、


【テーマ2】食べることと、住むことの運動―ベルリン&ローマにおける実践―

2003年エヴィアンG8サミットでキャンプが発明されて以来、その後のサミットプロテストにおいて立て続けにキャンプは実践され、2008年洞爺湖G8サミットにおいても反G8運動の一つの中軸として実践されました。反グローバリズム運動におけるキャンプに賭けられていたのは、G8が象徴する世界とは別の世界を、いま、ここで遂行的に経験し提示して見せることだったといわれます。ただしそれが、G8サミットに対抗するために特設された疑似的な生活空間においてのみ実践されていたのでは限られた意味しかありません。自分自身が否応なく毎日を生きることになる生活世界こそがもうひとつの世界への掛金になっているのです。

わたしたちは日々、どのように住み、どのように食べるのか。日常的で本質的な問題にフォーカスして、ベルリンとローマにおけるユニークな実践を報告します。

鍵語:スクワット、ソーシャルセンター、コレクティブハウス、ワゴンプレース、家賃ストライキ、コレクティブキッチン、ダンプスターダイビング、アクティビスト・カフェ&バー

-
SUBSCRIBE


勝手な奴らの店の月刊総合情報誌「TOKYOなんとか」では、毎月末にパーティー(出来たて「なんとか」の配布、飲み会、情報交換、音楽、etc)を開催することにしました。今月は31日にCafe★Lavanderiaにて、19時からです。入場無料(だけどワンドリンク・オーダーお願いします)。

8月21日〜24日に長野で開催される野外音楽イベント「なんとかフェス」の全貌が明かされる!

-
SUBSCRIBE


第4回 キネマシェアリング@Café Lavandería
『リベルタリアス』
(劇場非公開・字幕自主制作版)

1936年7月、スペインCNT(全国労働者連合)は
軍部・ファシストの反乱に抗して
民衆と共に武器を手に立ち上がった。
そしてバルセロナを中心とするカタロニア地方では
アナキズム革命が成立する。
そのさなか、女性たちはライフルを手に
アナキストのシンボル、赤と黒の帽子とスカーフを身につけ
「ムヘレス・ルブレス(自由な女)」として最前線に赴く。
アナキストたちの希望の光は輝きつづけるのか。
最前線に赴く彼女たちの運命は・・・

http://makhno.sanpal.co.jp/CircleA/?q=node/57

7月25日(土)18:00〜
ADMISSION FREE

Cafe★Lavanderia
東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
TEL03-3341-4845/FAX03-6380-5891

---------------------------------------------------

当店の主なメニュー
◉サパティスタ・コーヒー=¥300
◉ウバ紅茶=¥300
◉ビール/サッポロ黒ラベル=¥350
◉パレスチナ産ビール/タイベ=¥550
◉ビール/サッポロラガー(中)=¥500
スペインCNT(全国労働者連合)生産のワイン(グラス)=¥
450
上映会当日はお手頃価格の食べ物もご用意します。
SUBSCRIBE
IRAのトップページ
NEW ITEMページ。

SUBSCRIBE


↓グローバル・ジャスティス・ムーブメント・ポスター・コレクション。
http://picasaweb.google.com/SocialMovementResearcher/GlobalJusticeMovementPosters#

-
SUBSCRIBE


「中国・サブカルチャー・メディア」公開研究会のお知らせ

報告テーマ:中国におけるソーシャルセンターの実験

報告者:ゾウ・リンホア
日時:2009年7月24日(金)12:50~14:20

場所:千葉大学西千葉キャンパス、人文社会科学研究棟2階、グラデュエイト・ラウンジhttp://www.chiba-u.ac.jp/general/about/map/nishichiba.htmlの21の建物です。)

ゾウ・リンホア氏は、武漢大学研究生として欧米の社会運動、メディア・アクティビズム、オルタナティブ・カルチャーを研究する傍ら、武漢建設青年自治センターを実験的に運営する。また、翻訳書「パンクの哲学」を出版し、中国のアクティビスト・パンクシーンの解説も行っている。

ソーシャルセンターとは、コミュニティーで管理運営する自主的なスペースのことで、文化や政治活動を創造する場として機能しています。ヨーロッパの各都市に存在し、ネットワークをもっています。今回の報告では中国においては画期的なソーシャルセンターの試みを中心に紹介してもらい、中国および東アジアにおけるグローバル・ジャスティス運動の課題などについて議論します。

*通訳はつきます。

千葉大学文学部/大学院人文社会科学研究科 渋谷望ゼミ主催

-

追記:大阪ではこれ↓があります。

「中国、独立メディアの台頭」

日時:2009年08月01日(土)17:00~19:00
会場:remo(大阪市営地下鉄四つ橋線 北加賀屋駅徒歩5分)
http://www.remo.or.jp/ja/about/
ゲスト:ゾウ・リンホア氏
共催:龍谷大学非営利メディア研究会

中国のメディア状況は日本と大きく異なると言われていますが、その中国において非営利の独立メディアを研究し実践する若者が現れていることはあまり知られていません。まさにそのような研究者であるゾウ・リンホア氏が武漢大学から来日される機会に、龍谷大学非営利メディア研究会の協力を得て関西にもお立ち寄りいただくことになりました。ゾウ氏は欧米の社会運動やメディア・アクティビズム、オルタナティブ・カルチャーを研究する傍ら、武漢建設青年自治センターを実験的に運営してこられた経験をお持ちで、翻訳書「パンクの哲学」を出版し中国の非営利メディアやパンクシーンの解説も行ってこられた方です。
ヨーロッパ各都市に存在する「ソーシャルセンター」はコミュニティーで共同運営する自主的なスペースで、独立メディアのネットワーク、文化や政治活動を創造する場として機能しています。これまでのAlternative Media Gatheringでも注目してきたイタリアの社会センターを参考にしつつ試みておられる中国での新たな実践を共有し、未来の「アジア」における独立メディアのネットワークを考える機会にしたいと思いますので、どうぞご参集ください。

-
SUBSCRIBE


「アトミックサンシャイン」
沖縄展の検閲に抗議する美術展のお知らせ

http://www.gallery-maki.com/2009/07/09/artaction2009/

2009年4月、沖縄県立美術館で開催された「アトミックサンシャインの中へ in 沖縄
─ 日本国平和憲法第九条下における戦後美術」展で、大浦信行さんのコラージュ作品『遠近を抱えて』全14点が検閲にあいました。

同展はこれまで、ニューヨーク展、東京展と行われてきましたが、沖縄展で展示拒否された今回の事件に抗議するため、美術家・表現者たちによる『「アトミックサンシャイン」沖縄展の検閲に抗議する美術展』を行います。
美術展開催に先立ち7月18日(土)に〈オープニング・シンポジウム〉を日本教育会館で行います。翌々日の7月20日(月)から 8月1日(土)までギャラリーマキで行われる美術展では、会期中(休廊日を除いて)毎日、ギャラリートークやパフォーマンスも行われます。

表現にかかわる者がこの事件を自らの問題としてとらえ、共に考え、意思表明をしてゆく場をつくっていこうと思います。私たちは、あらゆる検閲に反対します。この「ねじまげられた自由」を封じ込めず、みつめていく意志こそが、次世代の創造力を育むことにつながるのではないでしょうか。是非、ご参加ください。

主催:沖縄県立美術館検閲抗議の会
大浦作品を鑑賞する市民の会
富山県立近代美術館検閲訴訟元原告有志


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月18日(土)オープニング・シンポジウム
→「アトミックサンシャイン」沖縄展の検閲に抗議する!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会期:7月18日(土)
●時間:第1部…14:00~17:00 / 第2部…17:30~20:30
●会費:1,000円

●パネリストプロフィール:
http://www.gallery-maki.com/2009/07/09/7-18-2009_profile/
http://www.gallery-maki.com/wp-content/uploads/2009/07/PROFILE.pdf

●会場:日本教育会館 9階 第五会議室
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
道案内専用電話 03‐3230‐2833

※周辺地図はこちらを参照ください。
http://www.jec.or.jp/koutuu/


▼第1部 14:00 ~ 17:00━━━━━━━━━━━━━━

「沖縄・九条・天皇・検閲・表現をめぐって」
─────────────────────────────────
鵜飼 哲(一橋大学教員)      大浦信行(美術家・映画監督)
徐 京植(作家・東京経済大学教員) 白川昌生(美術家)
針生一郎(文芸美術評論家)     毛利嘉孝(社会学者)


▼第2部 17:30 ~ 20:30━━━━━━━━━━━━━━

「沖縄ーアトミックサンシャイン展を検証する」
──────────────────────────
比嘉豊光(写真家)         新垣安雄(美術家)
仲里 効(批評家)         太田昌国(編集者)
小倉利丸(富山大学教員)      宮田徹也(日本近代美術史研究)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月20日(月)~8月1日(土)緊急アートアクション2009
→「アトミックサンシャイン」沖縄展の検閲に抗議する美術展

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参加作家24名による検閲に抗議・異議を唱える作品、一言コメントなどを展示します。展示拒否された大浦信行コラージュ作品「遠近を抱えて」も数点展示し、また同じく沖縄県立美術館で館長の指示によりはずされた石川文洋の写真作品も展示します。
その他、70年代ロンドン、ストックホルムで展示されながらも、東京展では拒否された故・山下菊二の版画作品もお目見えします。昨今の文化状況を照射する若手作家による映像作品も加わり、展示空間そのものがカオス的な表現となり変わります。
さらに会期中は「ギャラリートークとパフォーマンス」を連日行います。

■期間:7月20日(月)~ 8月1日(土)
■会場:ギャラリーマキ ※入場無料
■開廊:13:00~20:00(日曜休廊)

《出品作家》新垣安雄  井口大介  比嘉豊光  池田龍雄  石川文洋
大榎 淳  大浦信行  大川 祐  桂川 寛  金山明子
金城 実  小島 昇  嶋田美子  白川昌生  富山妙子
畑 泰彦  藤江 民  細谷修平  藤井 光  堀 浩哉
堀川紀夫  みかんぐみ 八鍬瑞子  山下菊二

《コメント展示》大西赤人 小倉正史 コリン・コバヤシ 日夏露彦
鎌田 慧 …他多数

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月20日(月)~8月1日(土)緊急アートアクション2009
→ギャラリートーク&パフォーマンス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■期間:7月20日(月)~ 8月1日(土)
■会場:ギャラリーマキ ※入場無料
■イベント時間:18:00~20:00(日曜休廊)

《ギャラリートーク》
7月20日(月) 黒田オサム(パフォーマンス)
21日(火) 遠藤水城(キュレーター)× 暮沢剛巳(美術評論家)
22日(水) 藤井光(アーティスト)× 清水知子(英国文化研究)
23日(木) 池上善彦(『現代思想』編集長)× 友常勉(日本思想史)
24日(金) 堀浩哉(美術家)× 井口大介(美術家)× 毛利嘉孝(社会学者)
25日(土) 小沢節子(戦後日本美術史)× 小倉利丸(富山大学教員)
26日(日)(休廊)
27日(月) 金城実(美術家)× 古川美佳(韓国美術文化研究)
28日(火) 大西赤人(作家)× 遠藤裕二(編集者)
29日(水) 新井博之(美術批評)× 宮田徹也(日本近代美術史研究)
30日(木) 日夏露彦(美術評論家)× 金山明子(画家)
31日(金) イトーターリ(パフォーマンス)
8月 1日(土) 大浦信行(美術家・映画監督)× 針生一郎(文芸美術評論家)

《パフォーマンス》
7月20日(月) 黒田オサム(パフォーマンス)
7月31日(金) イトーターリ(パフォーマンス)

──────────────────────────
会場:ギャラリーマキ(茅場町)http://www.gallery-maki.com/ 
地図 → http://www.gallery-maki.com/map/

〒104-0033 東京都中央区新川1-31-8 NICハイム402号
Tel/Fax:03-3297-0717
──────────────────────────

▼ 詳しくは「アートアクション2009」ウェブサイトにアクセスしてください。
http://sites.google.com/site/artaction2009/

▼ 告知PR PDFファイルリンク
→ オモテ面
http://www.gallery-maki.com/wp-content/uploads/2009/07/PR_omote.pdf
→ ウラ面
http://www.gallery-maki.com/wp-content/uploads/2009/07/PR_ura.pdf

▼ 抗議声明と署名のお願いリンク
アトミックサンシャイン沖縄展の検閲に抗議する美術家・表現者有志
http://sites.google.com/site/artaction2009/Home
→ http://www.gallery-maki.com/wp-content/uploads/2009/07/seimei_syomei.pdf

▼ 大浦作品を鑑賞する市民の会リンク
アトミックサンシャイン in 沖縄における検閲に抗議する
http://www.alt-movements.org/art_censorship/oura/atomicsunshine_censorship/Welcome.html

▼ ギャラリーマキ
「アトミックサンシャイン」沖縄展の検閲に抗議する美術展ウェブサイト
http://www.gallery-maki.com/2009/07/09/artaction2009/
--------------------------

☆このメールの転送を歓迎いたします。

ギャラリーマキ

東京都中央区新川1−31−8−402

tel/fax03-3297-0717
e-mail gallerymaki@hotmail.com
SUBSCRIBE

VOL Lexicon 入荷

POSTED IN | , 7/17/2009


定価:1,575円  本体価格:1,500円
四六変形判 並製カバーなし 192頁


—激変する現在を知り、世界を変えるために—
思想誌『VOL』による現代思想キーワード集。
82個の最新概念から古典概念までを、47人の書き手が独自の視野から論じ尽くす。世界が開ける必携本。『VOL』特別編集号。

本書に登場する概念(一部):
アウトノミア、新しい資本主義の精神、アナキスト、一般的知性、オルタナティヴ・メディア、階級組成、海賊、キッチン、グリーン・キャピタリズム、経済心理学、幸福、国家、サパティスタ民族解放軍、サミット体制、住宅、ZINE、スクウォット、ストライキ、スペクタクル、政治的霊性、贈与/交換、ソーシャル・センター、地球、地代、知的所有、ニューエンクロジャー、認知資本主義、反グローバリズム、ベーシックインカム、暴走族、暴力、ポスト・シチュアシオニスト、魔女、模倣、予示的政治、ラディカル・パペット・・・。

執筆者:
白石嘉治、矢部史郎、徳永理彩、佐々木夏子、栗原康、中倉智徳、江川隆男、ジム・フレミング、松本潤一郎、山の手緑、渋谷望、仲田教人、酒井隆史、樋口拓朗、和泉亮、安岡健一、木下ちがや、岡田健一郎、綱島洋之、鈴木泉、長原豊、黄喜善、佐々木祐、入江公康、佐々木中、原口剛、中村隆之、永田淳、五所純子、丸山里美、レディオ・マルーン、篠原雅武、櫻田和也、高祖岩三郎、岡山茂、池田雅人、宇城輝人、松本麻里、堅田香緒里、谷口清彦、一色こうき、イルコモンズ、村澤真保呂、デヴィッド・グレーバー、小林勇人



↑おすすめです。海賊、ZINE、暴走族、魔女、なんてのが入ってるのが魅力です。ちょうどZINE'S MATEっていうイベントに参加して、ガッカリ&モヤモヤしていたところだったので、この本のZINEの項目(五所純子さんが書いてる)には励まされました。
SUBSCRIBE


The Center for the Study of Political Graphicsは、以下の4つのテーマであたらしいオンライン展示をオープン。

Real to Reel: A Political Reflection of Hollywood Film Posters
ハリウッド映画ポスターの転用

Prison Nation: Posters on the Prison Industrial Complex
監獄社会

Subvertisements: Using Ads and Logos for Protest
企業の広告やロゴの転用

Reclaiming the F-Word: Posters on International Feminisms
世界のフェミニズム運動から


*各ページの「Click here to view full online exhibition」をクリックすると、イメージがどっさり表示されます。

-
SUBSCRIBE

Dum Maro Dum from wcb on Vimeo.



米・ロードアイランド州プロヴィデンスを拠点とするラディカル・マーチング・バンド、What Cheer? BrigadeのCDが再入荷。The Infernal Noise Brigadeのアルバムが1stも2ndも廃盤となってしまい(No G8 Benefitはあるよ)、Hungry March Bandももう在庫がないみたいだから、最近まわりで増えてきたドラムっ子たちにいま勧められるのはこのWhat Cheer? Brigadeしかない。The INBの曲「Ja Helo」のカヴァーも収録されているので、ぜひぜひ。
SUBSCRIBE


先週のNU☆MANは、ちょうどイタリアでG8開催中ということで、NUったりメシ食ったりしながら、G8反対で盛り上がる(?)イタリアにいる人とスカイプ中継。↑は、フィリピンから来てるジョン(ちゃんとタガログ語のG8 粉砕Tシャツ着ている)が作ってくれた、バナナをオリーブオイルで焼いたもの。スウィート・ポテトみたいでうまい。


オークラ・ケーキ。


(↑スカイプ中のPC画面)ローマのL38というスクウォット。ローマでは唯一の「純」スクウォットらしい。もともとスクウォットだった他のスペースはだいたい合法化され、家賃を払い(つってもほんのちょっと)人々の手で自主管理する「社会センター」となっている。


L38スクウォット内には、共有キッチン、バー、キックボクシング・ジム、ライブラリー、PCルーム、シルクスクリーン・ルーム、インフォショップ…… などなど。


ミシンもやっぱりあった。ちょっとピンぼけ。


ちゃんとNUい物もしてます。「68年を今に」(と読める)バッグ。政治的なメッセージかと思いきや、6月8日生まれのNさん&Oさん&Wさんの、ただの誕生日記念です。


黙々とNUってたタヒチから来てる人はバッグ制作。独特なステッチの手縫い。


リメイク名人オークラ作。プリントはわたくしナリタによる。


後ろにあまり好きではないプリントがあったので、パッチを縫い付け。
SUBSCRIBE


元祖B級グルメライター
田沢竜次の
ぐるぐるグルメカフェ

B級グルメの名付け親、田沢竜次がおおくりする、
めくるめくB級の世界。
何のためにもならない、何の脈絡もない、
あんな話やこんな話。
いまさら見たくもないし聴きたくもない
昭和のB級の映像や音楽も
ついでに無理矢理見せられたり聴かせられたり、
頭の先からつま先まで全身がB級の
田沢氏のとりとめのない話にアナタは耐えられるか!?

7月16日(木)20:00〜
ADMISSION FREE

Cafe★Lavanderia
東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
TEL03-3341-4845/FAX03-6380-5891

---------------------------------------------------

当店の主なメニュー
◉サパティスタ・コーヒー=¥300
◉ウバ紅茶=¥300
◉ビール/サッポロ黒ラベル=¥350
◉パレスチナ産ビール/タイベ=¥550
◉ビール/サッポロラガー(中)=¥500
◉CNTワイン(グラス)=¥450
SUBSCRIBE

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。